転職の面接質問の例は

転職や就職の面接のなかで聞かれる質問のなかで、当社の応募面接を受けにきたのはどうしてですか?などといった質問ではないでしょうか、この質問の意図を考えますと、答えた内容によってこの会社に求めているものは何なのか?またどのくらい興味を持っているのだろうかを探っていると考えてよいでしょう。
転職先や女性、男性に限らずに会社では、仕事に対して前向きにきちんと取り組むような人物が大事にしていたりしますので、面接ではこの転職が待遇が良いからや、知名度、安定性などを求めてきたなどといった理由だけを挙げてしまうことは避けたほうがよいですね。ファッション業界から不動産へ、医療関係からホテルへなどといった異業種へ未経験で応募をしてきた人に対しての質問でこの仕事を選んだ理由は?といったことが聞かれる場合がありますが、そういった時には、新しい分野に対しての熱意や意気込みがどの程度あるのだろうかも見ていますのでそのあたりは十分にPRするとよいでしょう。これは応募している人の職種の適正やどの程度その仕事を理解しているのかも問われてもいますね。また以前勤めていた職場を辞めて、この業界を選んだのは?もよく聞かれますし、当社に対しての印象は?のようなことも転職の面接で聞かれることもあるでしょう、これはその会社に対しての関心度が高い場合はきちんとした理由があるのでは?と考えているからでしょう。
転職の際に気をつけることや企業側でも恐れていることは、また辞めてしまうのではということですね、これはどうして転職しようと考えたのですか?の質問の答え方では、同じように勤めても転職してしまうのではないかと思わせるような回答にはくれぐれも気をつけましょう。よく聞かれる質問の中であげられるのが、入社した場合にどのような仕事がしたい?のようなものもあるでしょう。ここでは希望と実際の仕事内容のギャップがあるのかや、どんな部署につきたいのかの確認もしていると考えられます。
このように転職の面接で聞かれる内容はそれぞれに意味があり意図があると考えて、受け答えていかなければいけませんので注意しましょう。
転職活動成功の秘訣HOMEへ 転職活動成功の秘訣HOMEへ