転職履歴書の書き方を学ぼう

転職や再就職に向けて活動をするときに、トラバーユやリクルートをみて求人を確認することはそうですが、必要になってくる応募書類は「履歴書・職務経歴書・自己PR書」が上げられるでしょう、これは面接官や担当者に対しての自己表現が最初に見られるところでもありますね。こういった履歴書の類で重要と思われるところは、自分の評価を上げるような書き方を見本などをみてもよいので書けるようにすることではないでしょうか。
転職活動においての履歴書などはその企業に採用をしてもらえるに基本的な部分でもありますが重要な部分でもあります。
この書き方の大事さに重点をおいてなかったり、初めて転職や再就職をしようとしている人で書き方になれていない場合にこの履歴書の書き方があまり良くないことで、不採用とされてしまうのでは?と思えるようなミスをされているかたもあるので、転職履歴書の書き方の注意点をいくつかあげて考えてみましょう。
1-1志望動機の欄で、職種が違う企業や会社でも通用するようなことが書いてある転職履歴書の場合は、使いまわしをしているのかな?と思わないような志望動機にしたほうがよいでしょう。
1-2志望動機の書き方は転職履歴書でも重要ですが、どうしてこの業界を選んだのか?またその会社を選んだのは?そしてその仕事を何故希望をしているのか?をわかり易く要点を絞って簡潔に書きましょう。
2-1自己PRでは、希望している会社がどんな求人者・能力を求めているのかを考えて、その点で他の人よりどういった部分が優れているといった点に絞って書くようにすると良いでしょう。
3-1転職履歴書で字の上手さや下手さを気にされるかたもいらっしゃると思いますが、ゆっくり、丁寧に字を書くことを心がければ字が下手だと思われるかたでも問題ないレベルになるでしょう、逆に上手な人でも、急いで書いたりすると字から丁寧さが消えてしまうことがあるので注意が必要です。
3-2書式ではすっきりした方が履歴書では良いと思われます。
3-3転職履歴書や就職活動でもそうですが、誤字・脱字には十分に注意しましょう、くれぐれも修正液のようなものは使わないで、よく推敲(見直し)をして自分ひとりで不安な場合は信頼のおける人に確認をしてもらってもよいですね。
4-1転職履歴書の写真では、加工や修正をしたようなものは使用しないで、写りがよいものをきちんと貼るようにしましょう。
転職活動成功の秘訣HOMEへ 転職活動成功の秘訣HOMEへ